研究紹介

液体・溶液・界面の理論

  • 疎水効果,疎水性相互作用の理論
  • 界面の濡れ,濡れ転移
  • 三相接触線における線張力
  • カーボンナノチューブ内における水・氷
  • 疎水表面間の水・氷
  • 表面張力と核生成の理論

大学院修士課程・博士課程への進学・入学案内

理論物理化学研究室
統計力学、熱力学、分子シミュレーションなどの理論的アプローチで液体、溶液、界面、相転移に関係するテーマに取り組んでいます。出身の大学・学部・学科に囚われず,物理化学、化学物理、生物物理の未解決問題に取り組みたいひと、そのような研究に興味のある方を歓迎します。
連絡先 甲賀研一郎  koga(at)cc.okayama-u.ac.jp
*大学院の募集要項はこちらです。
*修士課程院試の過去問題はこちらです。

研究室Q&A

 


Upcoming Conferences

  • October 7, 2017
    The 11th Mini-Symposium on Liquids

NEWS

報道されました

更新日: 2015年07月17日

カーボンナノチューブ中の水の固液臨界現象に関する研究について、ニュースで取り上げてもらいました。   山陽新聞 6月23日 ヤフーニュース 6月23日 マイナビニュース(レポート)7月17日   そのほか、日刊工業新聞、山梨日日新聞にも掲載されました。 ...

ナノ空間中の水の固液臨界現象をPNASに発表

更新日: 2015年06月23日

カーボンナノチューブに閉じ込められた水が固液臨界点を持つ可能性を示しました。   プレスリリース link to PNAS  

メンバー更新

更新日: 2015年04月05日

メンバーを更新しました

EVENTS

第10回液体ミニシンポジウム(MSL2016)

更新日: 2017年08月30日

The symposium is aimed at learning and understanding fundamental problems on liquids. Anyone interested in is welcome to attend.   Date: 10 am, October 15th, 2016 Place: Faculty of Science, Okayama University  Registration Fee: 1000yen (Student 500yen)   Invited T ...

第11回液体ミニシンポジウム(MSL2017)

更新日: 2017年09月01日

The Mini Symposium on Liquids (MSL2017) is aimed at learning and understanding fundamental problems on liquids. Anyone interested in is welcome to attend.   Date: 10 am, October 7th, 2017 Place: Kyushu University 

第9回液体ミニシンポジウム (MSL2015)

更新日: 2017年08月30日

液体の物理、化学とその周辺(生物物理など)に関心の有る方の参加をお待ちしています。   web site

RANDOM ACTIVITIES SHOT

photo-2011-07-12-17-23-23-4.jpg photo-2011-07-12-17-24-31-2.jpg photo-2011-07-12-17-15-22-1.jpg

Member Username Password